オゾンミストで快適空間を目指して(オゾン発生方法 編) | 商品のご購入 | 株式会社医健化学研究所│ステビア乳酸菌エキスを使った美容・健康食品の販売
ステビア乳酸菌エキスを使った美容・健康食品製造販売

オゾンミストで快適空間を目指して(オゾン発生方法 編)

オゾンミストを使った、感染症対策ができる安全な製品作りを目指して

 

「快適で安全な空間作りができる製品づくり」・・・
その答えはオゾン(O3)にあった

オゾンミストで快適空間を目指して(開発コンセプト編)の続きです。
まず、「オゾン」についてもう少し説明致します。

そもそもオゾンってなに?
⇒強い酸化作用で安全空間造りをサポート

オゾン(O3)は酸素原子が3つつながった物質で、生臭い独特な臭いのある気体です。強い酸化作用があり、以下の特徴が有ります。

  • 有機物の除去
  • ウイルス・病原菌の殺菌・消滅
  • 防臭や消臭
  • 消毒

この特徴を用いて、実に様々な商品が開発され、人々に利用されてきました。
オゾンはとても便利なものですが、怖い面もあります。

オゾンって危ないんじゃないの??

オゾン濃度は環境基準で定められています。

最大0.1 ppm  平均0.05 ppm

0.2ppmを超えると異常を感じるようになります。※オゾンは独特の分解臭があるので、臭いで察知できます。

下の表のように気体として濃度が高まると人体への影響が懸念されます。

オゾン濃度(ppm)

人体への影響
0.01~0.02 多少の臭気を覚えが、やがて馴れてくるレベル
0.1 明らかな臭気を感じ、鼻や喉に刺激を感じるレベル。
0.2~0.5 3~6時間曝露で視覚が低下するレベル
0.5 上部気道に明らかな刺激を感じるレベル。
1~2 2時間で頭痛・胸部痛・上部気道の渇きと咳が起こり始める。
曝露を繰り返せば、慢性オゾン中毒にかかってしまうレベル
5~10

脈拍増加・体痛・麻痺症状が現れてしまい、
曝露が続けば肺水腫を招くレベル

15~20 小動物が2週間以内に死亡してしまうレベル
50

人間は1時間で生命危険となるレベル
(※狭い密閉空間でオゾン高濃度発生器させないとこの濃度にはならない)

表. オゾン濃度による人体への影響

 

安全にオゾンを利用する方法・・・それは

なんとかオゾンを安全に利用する方法は無いか・・・

実は、気体のままでは、濃度のコントロールがとても難しいのです。
しかも住居などのヒトの出入りが多い場所で一定のオゾン濃度を保つのは至難の業です。
ここで一般的なオゾンの発生方法について説明します。

一般的なオゾン発生方法:高電圧方式

非常に高い電圧を空気中に発生することで、オゾンは簡単に発生します。

electricity-705670_960_720

高電圧を空気中に発生させることは技術的に難しい物ではありません。ただ「危険」なだけですw
機械の中でとはいえ、何万ボルトもの電圧を発生させる機械は家庭におくにはちょっと考えちゃいますよね。
しかも、いくら機械で電圧発生をコントロールできるとは言え、気づかないうちに密閉状態の部屋で使いつづければ自然と濃度が高まり、反応性の高い可燃物などがあれば爆発するという恐れも・・・・

ようやく登場「ダイヤモンド電極」

そんな時に出会ったのが「ダイヤモンド電極」です。ダイヤモンド電極は「水」の中で通電すると、大量の酸素を発生させます。つまり、それらの酸素が結合し、大量のオゾンを非常に高効率で発生することができるのです。
しかも、非常に小型な形状にしても、室内の環境を整えるのには必要なオゾン濃度を発生させる事が可能です。

ダイヤモンド電極で作る「オゾン水」に着目

ダイヤモンド電極のイメージ図です。
+(プラス)極から-(マイナス)極に通電させることで、
水を電気分解し、大量のオゾンを発生させます。

大量のオゾンが含まれた水⇒オゾン水となります。
このオゾン水はオゾンの特徴を持ったまま、水の中で安定します。
つまり・・・オゾン濃度が安易にコントロールでき、とても安全なのです。

しかも高電圧方式と比較し、非常に省電力(おおよそ30W程度)

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%83%89%e9%9b%bb%e6%a5%b5

ダイヤモンド電極を使ったオゾン発生方式は開発コンセプトである「安全な空間造り」にとてもマッチした方式だったのです。

と、発生方法についてはこんな所になります。
ダイヤモンド電極との出会いで急激に進んだ開発状況だったのですが・・・

 続きは

オゾンミストで快適空間を目指して(評価試験編)

でお話し致します。

LINEで送る
[`evernote` not found]

TEL 03-5939-8170 受付時間:9時~17時

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
TOPへ