お世話になっております。

早速ですがあなたは「季節の変わり目」って体調崩しやすくはありませんか。
崩しやすいという方・・・・このタイミングで「便秘」になったりしていませんか?
それって「自律神経系がお疲れ」なのかもしれません。
そのせいで便秘になっているってご存知ですか?

腸と自律神経の密接な関係

本当に腸は様々な機関と連動していますよね。
「腸は第二の脳」なんて言われていますし、その理由の一つが
この「自律神経」との密接な関係からなんです。

自律神経?

自律神経は体内の「呼吸」や「血液循環」、「消化吸収」などの機能をコントロールしています。
交感神経と副交感神経から成り立っています。
簡単にいうと「意識しないで動いている体のパーツの司令官」といったところです。

  • 交感神経 :行動していたり・ストレスを感じだと気に優先的に働く神経系(下左図)
  • 副交感神経:休息していたり、寝ているときに優先的に働く神経系(下右図)

という違いがございます。


参照:ウィキペディア

消化吸収ついては胃から腸のラインで行われているため、
必然的に腸と自律神経の関係が生まれるのです。
自律神経の乱れは腸にも影響を与え、「消化吸収」の働きを
鈍らせます。そのことが腸の働きを抑える結果となり、
便秘などの症状を引き起こしてしまうのです。

あなたがもし「自律神経系の症状」でお悩みなら

自律神経が乱れる⇒便秘になる
ということは
腸の働きをよくする⇒自律神経が整うとも言えます。
神経系は常に相互作用で成り立っています。
例えば「手を動かす」を例にすると
手を動かす指令⇒手が動く⇒手が動いたよの返信
こんなイメージです。
つまり電気的になんらかの信号のやり取りでつながれている
「回路」のようなものです。

ということは神経系のお悩みは末端機関(つまり腸などを)改善することで
その働きを取り戻せる可能性があるのです。

icacth

その一端を担っているのが「微生物」であるとも言われています。

大腸から吸収する栄養は「腸内細菌」が産出するものがほとんどです。
腸内細菌が出すビタミン類や有機酸によって腸の働きが正常になります。

つまり・・・・
「腸内フローラ」のバランスが「自律神経」のバランスとっているのではないか・・・・

すいません。この点については現在議論が重ねられています。
神経系というのはとても複雑で「何がどうなると症状が改善されるのか」
というところが特定されていません。
なのでこれはあくまで「結果はあるけど原因がわからない」といった類の
話となります。

個人的にはとても興味深いなって思います。
「身体って一つにつながっているんだ」って!!

「症状って、痛い所だけが理由じゃなくて別の所の問題から起きている」

ってことなんですよね。
皆さんも理由無く体調が悪い時など、
「腸内環境」の見直しをされてみると良いと思います。

ただいま「弊社応援会員様」を募集しております。
今ご登録頂くと、商品サンプルと購入時にお使い頂ける2000円OFFのクーポンを
プレゼント中です。(クーポンは5/31迄)
IMG_0009
登録方法 下記入力フォームに必要事項をご入力ください。

お名前*

住所 *

PCメールアドレス*

電話番号*

希望ID※こちらで自動割当もできます

希望パスワード※こちらで自動割当もできます

個人情報の取扱に同意する

同意する。

季節の変わり目の体調管理を「腸」から始めて見てはいかがでしょうか?
皆様のご登録心よりお待ちしております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう