最近、夜間の空き時間にアルバイトを始めました。(その辺の社則もないので社会勉強も兼ねてw)
とある臨床検査センター(病院や健康診断で採血したものを検査する場所)で週4日、イヤになるくらい遠心分離機(血液を高速で回転させて血球や血清に分離する機械)を動作させてます。

思ってたんと違う臨床検査のお仕事

ヒトにまつわる検査のプロ「臨床検査技師」という国家資格があります。
もちろん私は持っておりません。でも馴染みのある資格でして・・・
私の父がその「臨床検査技師」でして、子供ながらに「なんかすごい資格なのかな~」なんて思ってました。
ちゃんと学校に通わないと取れないらしく、父の場合、昼は仕事・夜間は学校という生活を私と弟が生まれるまでしていたそうです。

白衣を着た写真などが家にもあったので、「なんかの研究者!?」ぐらいに思ってました。
ところが・・・

うーん。見たことない機械を動かしているだけ!?

あらかたの作業が自動化されているため、なんとなく「ありがたみ」が少ないんです。
「フラジャイル(長瀬くんの出ているドラマは大抵見てますw)」ってドラマがあったかと思うのですが、あーゆう感じ。働き始めて5日ほど経ちましたが、まだ見てないです。

こんなの(ドラフトチャンバーって言います)使って中で検査している・・・
※以前お世話になった大学には何台もありましたので、微生物とか扱っていた方にはおなじみかと!

ってかほとんどの検査センターがそうらしい。

よくよく聞いてみると「病理」と呼ばれる検査(例えばこの細胞が『ガン』なのかどうかを判定する)は臨床検査技師よりも更に特殊な資格と、医師がいないと成り立たないらしく。
できるところは本当に限られているみたいです。

「僕なら10割出しますよ」、ここでは出さないらしいw

10割出せるのは「お医者さん」。臨床検査技師は検体(血液とか尿とか)から検査結果を導くことができますが、結果を見て「診断」するのは医師です。
それでいいんです。だってそのために医師は6年もかけて資格取るわけですから。

もちろん正しい検査の上で出た「結果」が重要なのは言うまでもないですが。
ここがいい加減だと正しい診断ができずに見つかるはずの病気が見つからなかったり、病気じゃない人が病気になってしまったり。役割は重要です。

正しい判断を出すためには「検査」するしかない。

うちの子供が「流行り」に乗って「手足口病」を患いました。
(熱がでたり、手・足・口に湿疹がでてりする病気です。大人が掛かると大変!!)

妻が医者に連れていったのですが、先生は慣れているので、症状をみてすぐに診断してくれました・・・

でも本当に「手足口病」だったかはわかりません。
(子供は、幸い大事になることもなく、今は元気いっぱいです)

ウイルスの検査はとても難しく、時間もかかるため診断が出るころには治ってるっていう話。
結局意味なくなっちゃうんですよね。だって治ってるしw

自分の状態を知る。そのための健康診断。

病院で検査といえば、病気の時だけのものではありません。
「健康な状態」であるかを調べるのも大切な検査。病気の早期発見もまずは毎年「検査」を受けるところから始まります。
もちろん「あ~今年も異常なくてよかった~」という事を確認するための検査ですので、「健康だから受けなくていいや」では無いのです。
それはあなたが決めるのではなく、「お医者さん」がしっかり判断してくれますw

【完全保存版】新年度特別企画「知らなきゃソンです。『特定健診』結果」

ちょっと趣向を変えて内容でしたが

バイトを通して自分も体験してみて改めて父のタフさが身に沁みました。
まぁ~夜間のバイトなので仕方ないのですがとにかく「眠いw」
今日は一睡もせずにこの記事書いてますw

「ライン工」っていうと少し小馬鹿にしているように聞こえるかもしれませんが、患者さんは待った無しで日々病気と闘っております。
もちろん「健康を確認するための検査」の場合もありますが、この検査結果に一喜一憂する人がこんなにも沢山いるんだと遠心分離機の前で考えてました(そんな暇あるなら手動かせよw)

「命のライン」を最前線で守る検査技師さんや関係者の方々。
ホント頭があがりません。
地味に映るかもしれません(ドラマでは脚光を浴びてましたが、そのドラマ自体、あまり脚光を浴びてなかったようにも・・・)けれど、私たちの健康を「正確に数値化」するために絶え間ない努力を重ねている影の存在。
是非、年に一度の健康診断の際には陰で多くの人が携わっていることを思い出していただけると幸いです。(ってただのバイトが偉そうにって感じですかね)

それでは今日はこのあたりで~!いい加減眠たくなってきたので、ちょっと仮眠したいw
ショートスリーパーになるコツ。私もまだまだですが、たぶん手っ取り早いのが「緊張感のある仕事」ですかね~!うっかりサボれないw

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう