はぁ~なんかダルっ((+_+))
しっかり寝てるのになぁ~なんて、毎朝そんな感覚ありませんか?

すっきり起きられた20代。そう、どんなに飲んでも夜更かししても、朝はしっかり目覚めてたのに。
実はこれ、腸内環境の乱れが原因かもしれません・・・
というわけで今回はこんなテーマでお届けします。

なんか身体だるいなぁ~と思った時に読みたい腸内環境の話

身体がだるいと感じるとき

冒頭に書いたような「だるさ」には2パターン存在します。

  • 基礎代謝が落ちて身体のエネルギーを上手に使えていない
  • 日常の疲れが抜けない。

どちらにも共通して言えることが「腸内環境の乱れ」なのです。

腸内環境が乱れることで

「腸内環境が乱れる」というのは「腸内に生息する細菌の構成が悪い」状況を指します。
腸内細菌は1~2日程度でその構成をガラッと変えます。
変わる要因として

  • 偏った食事・飲酒
  • 睡眠不足
  • メンタル的な要因

などがあります。腸内環境が変わることで、いきなり体調が変わるわけではありません。これは、ヒトの体内は「恒常性(常に一定を保とうとする性質)」があるためで、日々、身体に訪れる影響は微々たるものです。
しかし、確実に蓄積され、最初は便秘などのお通じに影響がでて気づいたときには・・・
生活習慣病や最悪ガンなどの悪性新生物の発症につながります。

さぁ困った。どうすれば腸内環境は良くなるのか

腸内環境の乱れによって「腸の働き」が低下します。
これが「身体のダルさ」の原因なのです。
腸の働きが低下することでこれらの現象が体内で起こります。

  • 食事から栄養素を吸収しづらくなり、正常な細胞が作られず新陳代謝が落ちる。
  • 消化しきれなかった脂肪やタンパク質が残留便となり、過酸化物質やアンモニアなどを産出
    これらの物質が血管を通って体中の細胞を攻撃します。
  • 残留便をエサとして悪玉菌が増殖

このような状態になれば、当然病気にも掛かりやすくなります。免疫力が下がるというのは、腸内に免疫細胞が多いことも理由ですが、腸の働きが悪いことで身体全体に悪影響がでることも大きな要因だと思います。

腸内環境をよくするには・・・

日常の生活習慣が大きなカギとなります。

  • 食物繊維が豊富な食事
  • 適度な運動(特にお腹周りや下半身に)
  • 充分な睡眠

・・・ということはもう十分にご理解頂けると思います。
『こんなこと今更言われたって』ってな感じですよね。

忙しいし、時間内からできないんだよ##

てな声が今にも聞こえてきそうです。

実は・・・あるんです。
1日1分で準備するのはコップ1杯の水だけ

誰でもできる簡単「腸健康法」が!!

乳酸菌サプリの本当の力!! 

ステビア乳酸菌顆粒ラクトフローラ・ビオ 1箱30包入 ¥6480-(税込)

モニターコースに参加してみませんか??

以下のURLからモニターコースにご参加いただくと、今だけラクトフローラ・ビオ1箱が50%OFFの
3240円でお試しいただけるまたとないチャンスです。

ラクトフローラビオ モニターコース募集中 URL:http://stevia-health.sakura.ne.jp/lp/lactoflorabio/

是非お見逃しのないよう、よろしくお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
[`evernote` not found]