こんにちは!総務部の帆苅です。今週もよろしくお願いします。

5月末に受験した日本化粧品検定1級合格して、

8月にはコスメコンシェルジュ資格認定プログラムを受講します。

9月にはコスメコンシェルジュです!って言える(^^)たぶんw

勉強していくうちに化粧品成分は少し覚えてきましたが

成分表をちゃんと見れるようになりたいです。

あとは「あらゆる悩みに対して最適な化粧品を選び出せるプロフェッショナル」

にならなくてはいけないのです!

 

勉強の為にいろんな化粧品の成分をみています。有名メーカーの会報誌や、

パンフレットには全成分表示がないので、現品が無い場合はHPを見て確認をしています。

全ての商品の成分を掲載していたら分厚い本になっちゃうからですかね???

敏感肌やアレルギーがある方は全成分表示されていないと不安ですよね・・・。

(刺激になる成分はアルコールや防腐剤・界面活性剤・香料などなど)

そして未だに自分にあった化粧品はなんなのか悩んでしまうことがあります。

まずは自分に合った化粧品選びから見直していきます!!!

 

 

今回のテーマは

老化に負けない!やるべき事は紫外線対策!です。

 

毎日確実に日焼けしちゃってますよ!

私は子どもが生まれてから自分の事は二の次~。

お肌のケアはオールインワンゲルで適当にやっつけて、

散歩には日焼け止め無しすっぴん。

産後のホルモンバランスの影響でシミが増えた!っと言う方が大半だと思いますが、

毎日ほぼ日当たりの良い窓際にいて、お肌を野ざらしにしていた結果は・・・

シミが一気に増えました・・・。

せめて、日焼け止めだけでも塗っていれば・・・。

(でもホントに余裕なく、子どものことでいっぱいいっぱいでしたw)

肌の色は白い方で、小さい頃から鼻のあたりにポツポツとそばかすがありました。

そばかす(雀卵斑)は先天性のもので遺伝することが多いらしいのですが、

海やプールに行くと黒くならずに赤くなり(サンバーン)終わるパターンでした。

サンバーンとは簡単にいうと紫外線による火傷です。

日焼けをして赤くなる方は紫外線によるダメージにかなり弱いタイプです。

紫外線に弱いタイプとは知らずに、黒くなりたくて色々やってましたw

→知らないって怖いですよね。

 

色が黒い人はメラニンが多いため、サンバーンを起こさないこともあります。

黒くなる日焼け(サンタン)であり、色黒の人がなりやすい日焼けです。

痛みを伴うことはありませんが、シミ・しわの原因となるので注意が必要です。

痛みがないからといって日焼けのアフターケアを疎かにしない事が大事!

 

通勤や通学などで毎日少しずつ日焼けをしていて、

気づいた頃には『なんか黒くなったね~』とか言われちゃうんですよ(><)

いつの間にか、うっかり日焼けした肌は大変な事になっています。

日焼けしたのにケアせずに放っておいたお肌は老化進行中です!

外出しないで1日家にいた日も実は紫外線を浴びているんです。

洗濯物を干してる短時間、ちょっとしたゴミ出し、窓際にいるだけでも

うっかり紫外線を浴びています(><;)

 

細胞がダメージを受けています!

肌の奥まで届く紫外線(UVA)はコラーゲン繊維などに影響を及ぼし、

しわ・たるみの原因になります。

シミ・そばかす・ハリ不足や弾力まで奪われてしまうのです。

夏だけ日焼け止めをしていたのなら、このブログを読んだ日から一年を通して

紫外線対策をすることをオススメします!

エイジングケアの第一歩です!!

今更やっても・・・と言わずに始めた日から、将来のお肌に違いが出てきます!!!

 

紫外線をカットしたいならコレが大事!

日焼け止め塗ってるし、日傘に帽子にサングラスで完璧!ではないかも・・・。

 

日焼け止めのクリームなどは数字も大事だが、こまめに塗り直す!

パッケージの数字や+表示の多さなども使用状況によっては大事ですが、

適量を守ってこまめに塗り直すことを心がけましょう。

 

日傘は内側が黒!

UVカット機能のある黒い日傘や帽子は良いですが、熱を吸収して暑くなるのが難点。

外が明るい色で内側が黒いものがオススメです。

白が一番紫外線を透過しますので、紫外線を受ける量が色によって変わってきます。

紫外線対策商品に黒のものが多いのは透過率が低いからです。

ちなみに、帽子はキャップタイプのものより、ツバが広く7cm以上あるものがよいでしょう。

 

紫外線を通しにくい素材

  • 羊毛
  • ポリエステル
  • ビニロン

 

紫外線を通しやすい素材

  • ナイロン
  • シルク
  • レーヨン

UVカット加工の洋服や小物を選べば、オシャレは楽しめそうですね!

 

サングラスのレンズの色に惑わされてはいけない!

紫外線対策の為のサングラス選びは必ず紫外線を透過させない

UVカットレンズを選びましょう。

紫外線カットなら黒のレンズを迷わず選ぶとおもいますが、

色の濃いレンズは瞳孔が開き多くの光を取り込もうとするので

UVカットの性能のないファッションサングラスには注意してください。

目の細胞にダメージを与えるだけでなく、脳にメラニンをつくるように

指令を出すことによりお肌が黒くなります。

 

日傘やサングラスのUVカット表示

紫外線透過率

紫外線がどれだけ透過するか表示したもの→数字が低いほど良い

「紫外線透過率1.0%以下」という表示のレンズは、

紫外線を99%以上カットすることができるということになります。

紫外線カット率

紫外線をどれだけカットできるか示したもの→数字が高いほど良い

数値が高い方が性能の良いレンズということになります。

横からも紫外線を浴びてしまうので、顔に合ったレンズを選びましょう!

クリアレンズでだてめがねのようなサングラスがZoffから発売されてました!

個人的に欲しいw

 

日焼けしてしまったらしておくべきアフターケア!

  1. 冷やす
  2. 保湿
  3. 水分補給(食事からもしっかり摂る)
  4. 睡眠
  5. 紫外線対策(日焼け止め・帽子や日傘)

冷やしても激しい痛みがあり、水ぶくれができている場合は

皮膚科、外科、形成外科のある病院を受診しましょう(><;)

学生の頃は赤く日焼けしたらカーマインローションを使ってたのを思い出すw

 

さらにインナーケアをすることをオススメします!

ステビア乳酸菌サプリメント『ラクトフローラ・ビオ』は

抗酸化・抗糖化に優れた成分を配合しています。

まさに紫外線ケア・エイジングケアに適したサプリメントと言えます(^^)

詳しく知りたい!興味がある!という方はコチラをクリック ↓ ↓ ↓

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
[`evernote` not found]

TOPへ