一般的な日焼け止め化粧品の紫外線防止方法は、紫外線を吸収、散乱させて防止する方法です。
それには紫外線吸収剤と紫外線散乱剤など化学合成剤が利用されています。

代表的な紫外線吸収剤としては、以下の2つが多く使用されています。

①メトキシケイヒ酸オクチル(メトキシケイヒ酸ヘキシルジメチルPABAオクチル)、
②t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン

これは、紫外線を吸収して紫外線が皮膚へ届くのを防ぎます。
また、紫外線散乱剤としては酸化亜鉛、酸化チタンなど使用されていますが、
特に紫外線吸収剤の多くには表皮母細胞を傷つけシワやシミの原因になると指摘されています。

その他メイク類や口紅に使用されている紫外線防止剤として、
強い毒性があるフェノ-ル系の化合物が多く使用されています。

これは非常に殺菌消毒作用「細胞を殺す毒性」を持っています。
当然、化粧後の洗浄を入念にすることが大切になります。

LINEで送る
[`evernote` not found]

カテゴリー: