乳酸菌は、ある1種類の菌を指すのではなく、
「乳糖やブドウ糖を分解した際に大量の乳酸をつくる細菌」の総称です。
また、乳酸菌は生育する場所によって、動物性・植物性・腸管系に分類されます。  
乳酸菌の定義としては以下の点が挙げられます。

乳酸菌の定義:
「消費したブドウ糖に対し、主として乳酸を50%以上産生する菌の総称」

乳酸菌と呼ばれて利用されることが多い代表的な細菌は以下の5属となります。 
・ラクトバシラス属(Lactobacillus、乳酸桿菌属)
 (当社原料に含まれる乳酸菌もラクトバシラス属に含まれます。)
・ラクトコッカス(乳酸球菌属) 
・ストレプトコッカス(レンサ球菌属) 
・ペディオコッカス属(Pediococcus)
・リューコノストック属(Leuconostoc)
ビフィズス菌は、前述した乳酸菌の定義を満たさないので厳密には乳酸菌とは呼べませんが、
 
乳酸菌の仲間に入れられることが多いようです。

乳酸菌の働きとして以下の点が挙げられます。

  • 腸内環境の改善作用(俗に善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす)
  • 免疫力の向上
  • その他乳酸菌の産生物(乳酸、酢酸など)による抗菌作用

近年、乳酸菌が産生する物質の機能性が注目されており、
今後もますます研究が進むと考えられております。

医健化学研究所では、「ステビア草」由来の植物性乳酸菌をほぼ全てのサプリメント・基礎化粧品に配合しており、乳酸菌の恩恵を実感いただける商品となっております。

商品のご購入

LINEで送る
[`evernote` not found]