皆様こんにちは!総務部の帆苅です。

 

今回のテーマはお口のトラブル第2弾!」です。

前回ブログだけでは内容に物足りない感を感じてしまった為、大変恐縮ですが、引き続きお付き合い頂けたらと・・・(^^;)前回は「虫歯」について書きましたが、今回は、お口の2大トラブルの一つ、歯周病です!

 

歯周病ってどんな病気?

この「歯周病」、生活習慣病の一つで、誰もが注意をしなくてはいけない病気です。近年では10代の半数に初期症状があり、日本人の8割が発症しているという話も聞いたことがあります。勝手な推測ですが、豊食の時代になり、小さい時から甘いもの、おいしい物を食べる機会が増えているのも理由の一つなのかなと思っています。歯周病が初期の場合は痛みもないので、知らぬ間に進行していることが多いそうです。

歯が痛い

ここで歯周病について簡単に説明致しますと、

歯を支える歯茎(歯肉)や骨(歯槽骨)が壊されていく病気です。

 歯茎(歯肉)の内側は普段見ることは出来ません。歯の根には、表面にあるセメント質と歯槽骨との間に歯根膜という線維が繋がっていて、歯が骨から抜け落ちないようにしっかりと支えています。 虫歯は歯そのものが壊されていく病気ですが、歯周病とはこれらの組織が壊され、最後には歯が抜け落ちてしまう病気です。

唾液の成分である「糖タンパク」が歯の表面に薄い皮膜を作ります。その皮膜の上にくっついたミュータンス菌(虫歯菌)が糖を使ってネバネバした物質を作り、自分の家づくりを始めます。すると棲みやすい場所ができたわけですから、口の中の細菌たち、特に悪玉の細菌が家の中へ多量に侵入して、増えていきます。
この状態をプラークまたはバイオフィルムと呼んでいます。

284795

*プラークとは、細菌の塊で1/1000gの中に1億を超える細菌が棲みついています。

プラークの中の細菌たち

この細菌の中には善玉の細菌と悪玉の細菌とがあります。まぁここまで書けば、口腔内も「悪玉菌」が増えることで様々な症状の原因となることは、ご理解頂けると思います。プラーク中は食べ物(栄養)や水も十分で温度も 37 ℃前後という大変よい環境で、悪玉細菌である歯周病菌は、産生する毒素で歯茎を腫らし、血や膿を出したり、歯の周りの骨を溶かしたりする原因となります。このプラークは、外からの抗菌薬(化膿止め)や唾液中の抗菌成分の攻撃に抵抗し、薬が効きにくい構造となっています。このプラークが唾液や血液の無機質成分を吸って固まったものを、歯石と呼びます。

 

歯周病にかかりやすくなる主な原因

 ① 歯周病菌

プラークの中の歯周病の原因となる微生物(歯周病菌)の存在

 ②環境

はぶらし

・喫煙
・口の中の清掃不良
・プラークの付着量
・ストレス
・食生活
・専門医への受診回数
・年齢
・歯数
・糖尿病
・遺伝

 などがあげられます。

歯

うちの旦那も以前はほぼ当てはまっていました。(遺伝と歯数と糖尿・年齢以外は)また歯並び、唾液不足などでプラークの溜まりやすい環境にある、歯に合っていない被せ物があることなども含まれます。さらに口呼吸をする習慣のある人も要注意です口の中の粘膜や歯茎が乾燥しやすくなり、炎症を起こしやすいのでこれに含まれます。前回もお話しましたが、あまり歯を磨かなくても虫歯や歯周病にかかりにくい人がいます。

体質・生活環境の違い

その理由のひとつには、生まれつきの体の特徴があります。その一つに、体を守る防衛軍である白血球などの力、すなわち体の免疫機能の違いもあります。また、かみ合わせ(外傷性咬合)、歯ぎしり(ブラキシズム)や歯の食いしばりなど、歯に強い負担がかかる状態なども関係があります。

そして!!!

歯周病により、糖尿病や肺炎・心筋梗塞などのリスクも高まるとか…免疫機能が低下しているご高齢者の方が、病気などにかかりやすい原因として、口腔内の免疫機能の低下もあるそうです。妊娠中の方は特に注意が必要です!

2b62aa09c23f2c1f2ca926486d08e79c_s

悪阻があり、気持ち悪くて歯みがきができない方も多いと思います。ですが、妊娠中だからこそしっかり歯みがきをしないと歯周病により、早産や、赤ちゃんが小さく生まれてきてしまうリスクが高まるのです。早産の原因としては、喫煙やアルコールの摂取、高齢出産というものが原因と言われていますが、この原因よりも歯周病であることの方が、高い確率で早産を引き起こすことがあるそうです。妊娠中期になったら歯医者さんで見てもらいましょう!歯茎だけの炎症であれば良いですが、骨が溶け出してしまうと、元通りに治ることはありません。

「いかに進行を抑えるか」と言うことが重要です。

皆さんは「歯周ポケット」って聞いたことありますか?歯と歯茎の間の溝のことをいいます。この深さは健康な歯茎では1~2mm、中程度の歯周炎があると3~5mm、歯周病が進行した場合は6mm以上になることがあります。定期検診の度に歯周ポケットの測定をするのですが、痛いので苦手です(;O;)

チクチクチクチクチクチク・・・・・・

針のようなものを歯と歯茎の間に入れるのです…。

歯周ポケット

私は、親知らずが2本も斜めに生えてきてしまい、奥歯が磨きにくい状態が長く続きました。その時の歯周ポケットの溝は5mm~(>O<;)親知らずを2本抜いてからは3mmまで改善しました。!やはり、定期検診は欠かせません!まだ生えて来ていない残りの2本の親知らずは、レントゲンを見ると

905c6d74f52d6316e8a1969a95f09ce2_s

真横に向いていました…はぁ~どうなることやら~(^^;)

ということで、次回もお楽しみに~

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう