「オゾンミスト」で安全に空間除菌・消臭

オゾンミスト・・・?
「なんのことやらさっぱり」という方も多いと思います。

このページでは「オゾンミスト」があなたの生活を「快適・安全」にするメカニズムについて説明します。
空間を安全に除菌・消臭するための新たな選択肢である「オゾンミスト」
是非最後までお読みいただき、オゾンミストについてご理解いただければ幸いです。

オゾンミストとは?

オゾンミスト⇒「オゾン高含有水(こうがんゆうすい)」をミスト化しました。

00d1356c336da3632e189dbc143933be_s

ざっくりした言い方をすれば、「オゾンミスト⇒オゾンがいっぱい入った水を霧にしたもの」です。

このオゾンミスト、実はオゾンガスがもつ「殺菌力」「消臭力」をもっとも効率よく・しかも安全に活用するのにとても優れている方法なのです。

1931dbdaa653df44aab0a4fbafc79c25_s

ご家庭をはじめ、ヒトが存在する空間には実に様々な病原菌・ウイルスや臭いの元が存在しています。
オゾンミストは、あらゆる「有機物」を「オゾン」の力で分解します。
しかもミスト化したことにより、部屋中を安全なオゾン濃度に調整したミストで満すことができるのです。

なぜオゾンミストは安全なのか?

オゾンガスで同じことをすると・・・

「わざわざミストにしないでオゾンガスを充満させればいいんじゃ・・・」
確かにおっしゃる通りです。しかい、オゾンガスを発生させるのは「人体に影響がでる危険性が高い」方式なのです。
オゾンガスを発生させるためには先ほどご紹介した「高電圧方式」というのが一般的です。
この高電圧方式は非常に大量のオゾンを発生させることができるのですが、これをそのまま空気中に放出してしまうと、部屋中のオゾン濃度がとても高くなります。
「オゾン」が分解するのは「有機物」です。人間も「有機物」です。ということは・・・・

オゾン濃度(ppm)

人体への影響
0.01~0.02 多少の臭気を覚えが、やがて馴れてくるレベル
0.1 明らかな臭気を感じ、鼻や喉に刺激を感じるレベル。
0.2~0.5 3~6時間曝露で視覚が低下するレベル
0.5 上部気道に明らかな刺激を感じるレベル。
1~2 2時間で頭痛・胸部痛・上部気道の渇きと咳が起こり始める。
曝露を繰り返せば、慢性オゾン中毒にかかってしまうレベル
5~10

脈拍増加・体痛・麻痺症状が現れてしまい、
曝露が続けば肺水腫を招くレベル

15~20 小動物が2週間以内に死亡してしまうレベル
50

人間は1時間で生命危険となるレベル
(※狭い密閉空間でオゾン高濃度発生器させないとこの濃度にはならない)

表. オゾン濃度による人体への影響

環境基準で定められている濃度:最大0.1ppm、平均0.05ppm

 表のとおり、高濃度のオゾンは人体に悪影響があり、最悪の場合「死亡」してしまいます。
もちろん市販製品で、「50ppm」までオゾン濃度が高まることはございません。これはオゾンガス方式(オゾンガスをファンによる送風で噴霧するタイプの商品)のものも、オゾンミスト方式の商品も同じです。
オゾン濃度を50ppmにするためには「極小の密閉空間(みっぺいくうかん)で絶えず大量のオゾンを発生させ続ける」ことが必要です。
一般家庭や商業施設・オフィスなどでは意図的に作らないかぎり、これらの環境は現実的にあり得ないのでまず安心してください。

ただ、オゾンガスをファンによる送風で噴霧(ふんむ)するタイプの商品は、オゾンミストと比べ同等の効果を得るのに必要な室内のオゾン濃度が高くなる傾向があります。(・・・なかにはまことしやかな商品もありますがw)

結論としては研究所などで専門的に使う、特殊な用途・環境下以外は「オゾンミスト方式」が安全にオゾンを利用できるといえます。

オゾンミストの安全性 「使うのは水だけ」

7fda6c18d2e18987c801648e26495977_s

オゾンミストは「水」を「媒体(ばいたい)」としています。
「水を使ってオゾンを造り、水と一緒に霧にして飛ばす」
空気と違い、水は「自分で用意した量」しかありません。

(オゾンミストが作れる量=水の量)となりますので、空気を利用して
発生させる方式と比べれば「確実にヒトによってコントロールできる」
その点でも安全性が確保されています。

また、オゾンミストは「オゾン高含有水」を噴霧する仕組みですので、
ミストにしない限り空気中にオゾンが漏れる事もありませんし、「発生」
させなければ「もとの水」に戻るため安全性は極めて高いです。

除菌・消臭の新しい選択肢「オゾンミスト」

インターネットなどで「オゾンミスト」と検索すると実に多彩な商品が出てきます。
「業務用の大きい商品」や「産業用」などがメインかと思います。
これらの商品の大半は以下の方法でオゾンミストを発生させています。

オゾン発生方法のページ

高電圧方式でオゾンミストを発生させるため、装置そのものが非常に大型になり、
「どこにでも気軽における」という商品ではございませんでした。
また、この高電圧方式ですが、自社試験の結果、オゾン濃度の調整が難しい事が分かりました。

そこで私たちがオゾンミストを作るために選択したのは
「ダイヤモンド電極を用いた電気分解方式(以下、電気分解方式)」
となります。

 %e3%82%aa%e3%82%be%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%82%b9%e6%bf%83%e5%ba%a6%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95

電気分解方式とは

電気分解方式のメリット
  • 環境中のオゾン濃度を大きく変化させずに効果を得られる
  • 機体の小型化が可能
  • 高電圧を発生させないので、機体故障時も安全
  • メンテナンスが容易(電極清掃のみ)

電気分解方式を採用したマイクロオゾンミスト発生器

%e3%82%aa%e3%82%be%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%bc

マイクロオゾンミスト発生器OZ-300

こんなシチュエーションに最適

 正直に言えば、「あなたがいる室内」であればどこでも最適なシチュエーションですw
一例ですが

ご家庭で
  • 玄関において外出先からの「持ち帰り菌」を除去
  • 小さいお子様が遊ぶ子供部屋
  • 家族みんながくつろぐリビング
  • ペットのトイレの近くに
  • おやすみになる寝室
職場で
  • 出入り口
  • 来客が待つロビー
  • 社員が働くオフィスや作業場
  • 食中毒予防にもなる食堂
  • 臭いが気になるトイレ付近

などなど様々な場面でOZ-300は、あなたを「マイクロオゾンミスト」で包み込みます。
感染症・アレルギー・臭い対策には「OZ-300」
是非この機会にお手に取ってみてください。

 

infomation
商品一覧 会員登録 その他の記事

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう