ますます需要が伸びてます「フリーズドライ」

こんにちは!髙倉です!

今日は当社の主力設備「凍結乾燥機」についてお話します。

弊社、これが無ければ商品開発できてないかもしれません。

 

ではなぜ主力かといいますと、まぁ高いんですよこの機械(^_^;)

それなりの外車買えちゃう金額です。

でも、それだけ(?)役立つすばらしい機器なんです!

どれだけ役に立っているかというと・・・

 

まぁこれからゆっくりお話していきます。

それでは張り切ってどうぞ~(*^_^*)

 

株式会社医健化学研究所

凍結乾燥機ってなにもの?

簡単にいえば「乾燥機」なんで、「物を乾かす」ための機械です。

こんなやつです。

結構大きいです。だいたいこんな感じです。
H1,4m×W1,4m×D1,5m

「それじゃ何を乾かすか?」大事ですよねここが(^_^)

活用用途は多岐にわたっていますが、例えば

液体

魚・肉・野菜などの「食材」

調理済みの「料理

etc…

基本は食品工場などで多く活躍しています。

あれ?お宅って食品工場なの?

まぁ「健康食品」も作っているので、そうとも言いますね(^_^b)

 その他には「化粧品の原料を加工」したりだとか、
微生物を生きたまま乾燥させる」だとかします。

現在、幅広い分野でその技術が求められております。

Probiotic (or prebiotic) rich foods including pulses, nuts, fruit and milk products, good for immunity and the gut

どうやって乾燥させるの?

真空

 

簡単です。

「冷やして吸って温める」これだけです笑。

これじゃいい加減過ぎるので、もう少し詳しく説明します!

まずは「凍結」の工程です

①乾燥させたい物(以下「試材」)を機械にセットして凍らせます。
 大体「-40℃」まで冷やして、完全に凍るまで数時間おきます。

②冷えたら、「コールドトラップ」と呼ばれる試材の水分を
    逃がす為の「場所」を-80℃まで冷やします。
  (この温度を「トラップ温度」といいます。)
     →この温度が重要で、棚温度との温度差が高いほど乾燥スピードがあがります。 
  その中でもトラップ温度-80℃の機械は凍結乾燥機の最高峰となります(^_^)

次は「乾燥」の工程です。

③棚・コールドトラップの両方とも所定の温度に達すると今度は真空ポンプで
   「棚」 を真空状態まで減圧します。
  気圧が下がる=沸点が下がります。 
   -40℃に冷やした空気は、-80℃の所にぃ~

   流れ込んでからのぉ~ 蒸発するぅ~↑

 ・・・みたいな感じでどんどん水分を飛ばしていきます。
ちなみに棚の温度も徐々に上げて行きます!

 ④最終的には40℃まで棚温度を上げていき、しっかり乾燥させていきます。

乾燥が甘い状態で取り出すと、べっとりした状態になります。
粉末にしたい場合、キレイな粉末にできなかったりとか、
細菌が発生したりとかで、あまりよくありません。
わざと水分を残した状態にする場合もあるので、
この状態が悪いわけじゃないんですけどね

と、このようにして「目標の乾燥状態」を目指して、
乾燥時間を調整する必要があります。

だいたいご理解頂けましたでしょうか?
下手くそな日本語で申しわけございません。

もっと詳しくお知りになりたい場合はこちらをご覧ください。

弊社も大変お世話になっている会社さんです。

http://www.tatm.co.jp/about_freezedry/index.html

現在弊社ではこの凍結乾燥の受託を始めております。
もっと身近に利用してもらいたいんです。

だって・・・便利なんだもん(^_^)

 ①熱を加える乾燥ではないから成分が壊れにくい
 →「味」や「栄養」が変化しない

 ②手軽に体に有用なプロバイオテクス粉末ができる
  →プロバイオテクスな粉末ってほとんど無いはずなんです。

 ※プロバイオテクス:人間に有用な生きた菌を体に取り込む

 人間もそうですが、タンパク質って熱で固まったりしますよね。 
 微生物も特殊なやつ以外は熱で固まって死んでしまいます。

 凍結乾燥してない限り・・・死菌になっているはずです。

 最近では「死菌」もタンパク質や食物繊維として良いみたいな考えもあるみたいですが、

だったら肉とか野菜食べましょうよって話ですよね、そっちの方が美味しいし。

「わざわざ死んだ菌って、そんなん、いらねーんじゃねぇ?」とか思っちゃうわけです。

話がそれました。すいません。

脱線ついでにでうちの製品の話をもう少し!

ただいま新製品の原料作成中です。「凍結乾燥機」バンバン動かしてますw

「生きた乳酸菌」のいいとこ、入ってますよー(^_^)

この光景については今度ブログにあげます!こうご期待(?)です

 

凍結乾燥って他所だとだいたい重量20kgぐらいから請け負っているみたいです。

正直試作だとこんなに必要ないですよね。

ちょっと興味あるなぁと言う方!

例えば、味自慢の飲食店様!インスタント商品などご興味ありませんか?

保存が利いて味が落ちないこの手法なら、新しい顧客開発が全国にできます。
しかも低予算で(^_^b)

 今回なんと特別キャンペーンを始めました!

原料1~5kgまで通常価格10万円の所・・・

 

なんと5万円です!

 

はっきり言ってこれじゃうちは儲かりません。でも「何か新しいことをしたい」という皆様を応援したいという一心でやりたいと思います。 是非弊社HP「お問合せフォーム」よりご連絡ください。どんな原料でもチャレンジします!! それでは今日はこの辺りで失礼します!

 

infomation
商品一覧 会員登録 その他の記事

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう