妊娠・産後のつらーい便秘でお悩みのあなたへ

こんにちは!総務の帆苅です(^^)現在産休中なのですが、久しぶりにブログやってみたくなったので、今日は私が記事を書きます(^_^)v

妊娠中も弊社商品「LACTOFLORA・BIO(ラクトフローラビオ)」のおかげで、便秘によるお腹の張りや、苦しさも無く、毎日お腹の赤ちゃんと、2歳になる娘と楽しくやっておりました!

136921

上の子供の時は、8ヶ月目からお通じが悪くなり、産後も出ない日が続いておりました。私は生まれてからそれまで便秘に悩む事は無かったのですが・・・・あんなに苦しいものだとはw

妊娠中に便秘方にオススメ「LACTOFLORA・BIO」

admin-ajax

昨年9月に妊娠が分かり、発売後の12月から毎日飲み続けました!今では、「飲まないと不安」になるくらい愛用しております。私が今回の体験で思ったこと、それは・・・

腸内環境が妊娠によって確実に変化する

上の子の妊娠時、8ヶ月目ぐらいから実家に里帰りし、毎日ウォーキングも1時間程度行っていました。食事も3食しっかり実母に管理してもらってwけれどもしっかり便秘で悩んでました。

けれども、今回ときたら、動いてはいたモノの、「ドクターストップ」により、安静にしていないと時間も増え、上の子の時より明らかに動けていませんでした。食事も私が作っており、偏りは明らかに上の子の時と比べて多かった・・・なのに全くといって「便秘」にならなかったのです。

便秘にならなかった要因、それは「LACTOFLORA・BIO(ラクトフローラビオ)」だけです。他に心当たりがありませんw

075037

腸内環境が変化する理由<プロゲステロンの分泌>

プロゲステロンというホルモン(生理活性物質)は妊娠中に多く分泌されます。
妊娠を維持する為に必要なこのホルモンは「胃腸などの消化器官の働きを下げる」という副作用的な効果があります。これが妊娠中に便秘になる大きな理由です。
便秘になれば腸内細菌の構成も変わり、ますます便秘がちになります。

だからといって「便秘は仕方ない」という事にはなりません。

妊婦さん自身も苦しいですが、「便が体内で腐敗する」ことによって産出される有害物質(アンモニア・硫化水素….)が体内に吸収されて血液中に流れ込みます。
321025
つまり、お腹の赤ちゃんに「あなたの出した毒素」が吸収されてしまいます。

赤ちゃんをデトックスに使わない為に

しっかりお通じを整えるという事が大切になってきます。
もし今お通じでお悩みなら、どんな方法でも構わないので、しっかり「便秘対策」に取り組んでください。赤ちゃんはゴミ箱ではありません。あなたの出したゴミはあなたがしっかり外に排出しないと(^_^)

私とLACTOFLORA・BIO(ラクトフローラビオ)との付き合い方

私は気がついた時に「水」か「麦茶」で飲んでいました。
味はさっぱりとした甘みのある、毎日続けやすい味です。
026-300x300
すいません、ちょっとぼやけていますが、中身の写真です。

IMG_0009
1包ずつ小分け(2g入)で、1箱30包入です。
1ヶ月分となります。

本品は妊娠中にも安心して飲めます!私が証拠ですw母子ともにすこぶる元気です(^_^)v

産後の話・・・えっ次の日ですけどもうですかw

これにはびっくりしました、前回は5日ぐらい便秘になってしまったのですが、今回は違いました。

なんと二日目から出ました。これはこれで辛~ぃw
もちろんそれ以降も便秘知らずで今日まで元気に過ごしています。
今、完全母乳なのですが、授乳中も水分不足など「便秘」になっちゃう方多いみたいですね。私はLACTOFLORA・BIO(ラクトフローラビオ)のおかげで、毎日ホント快腸です。

 次ページ 始めましょう!便秘は悩むことで、更に悪くなっちゃいます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう