こんにちは株式会社医健化学研究所 サプリメントアドバイザー高倉です。


ちょっと気づいたんですが、まだアドバイザーの認定書が届かないんですよね~w
今のとこ、偽物感半端ない・・・w

 

なーんて思っていたら、無事に届きました!!

これが認定書でーす(^^♪
日本語のもあったのですが、こっちの方がカッコいいかなと思いw
しっかり勉強したので、しっかり活用したいと思います!!

早速ですが・・・

みなさん。「ダイエット」してますか?
私も2時間に1回くらい意識するんですが、ダメですね~意思の堅さがまるで「ゼリー」w

さて、今日は食事の制限によるダイエットの話です。
アメリカのスタンフォード大からの研究報告で興味深いものがございました。

「食べない方法」は大差ない

低炭水化物ダイエットの効果は低脂肪ダイエットと同じだった

低脂肪ダイエットと低炭水化物ダイエットの減量効果と参加者の遺伝子
パターンやインスリン分泌との関係を調べた結果、減量効果に有意差は
なく、遺伝子やインスリンとの関連もみられなかった、という米国スタ
ンフォード大学からの研究報告。

研究チームは、DIETFITSランダム化臨床試験において18-50才の糖尿
病ではなくBMIが28-40の609名を対象に、2013年1月から2015年4月に
かけて介入試験を実施し、その後2016年5月まで追跡調査した。参加者
はランダムに、健康的な低脂肪食(HLF)群と健康的な低炭水化物食
(HLC)群に振り分けられ12か月間それを実行した。参加者はまた、
3つのSNPおよびインスリン分泌能を測定された。

介入では、健康教育者が、各々の群に行動変容を起こさせるために、
22回の食事特異的小グループセッションを12か月間に実施した。セッ
ションは、長期にわたって食事の質は維持しながら、脂肪もしくは
炭水化物の摂取を最も抑えるための方法に焦点が当てられた。

12か月間の平均的な三大栄養素の摂取比率は、HLF群対HLC群で、炭水
化物が48%対30%、脂質が29%対45%、たんぱく質が21%対23%だった。

介入の結果、12月で、HLF群で平均-5.3kg、HLC群で平均-6.0kgの
体重変化が観察されたが、両群間には有意差が見られなかった。また、
食事と遺伝子パターン、または食事とインスリン分泌能と、12か月間の
体重変化の間にも有意な関連は認められなかったという。

18件の有害事象が報告されたが、これも両群に均等に分かれていた。

筆頭研究者のクリストファー・ガードナー教授によれば、本研究結果の
最大の収穫は、減量においては低脂肪食も低炭水化物食でも、その基本
的な戦略が類似していた点であるという。砂糖を減らし、精製穀類を
減らし、野菜を可能な限りたくさん食べる。加工度の低い食品(Whole
foods)を、それが小麦粒サラダでも牧草生育ビーフの違いはあっても、
主に食べるようにする。「どちらのダイエットでも、最も体重を減らした
人々が語っていたのは、我々の教育が食品と彼らの関係を変える助けに
なったということ、そして彼らがどのように食べるかについてもっと
よく考えるようになったことだったという」とガードナー教授は語っている。
(論文要旨)

出典『米国医学会誌(JAMA)』https://jamanetwork.com/

結局・・・「食べること」を考えて、『いい食事を心がける」ことが重要

和食だ!洋食だ!っていうのは正直関係ないです。
理想的な食事は『大正時代以前』の「日本食」だったという話はありますが、日本に病気が無かったかといえばそうではございません。

どんな食事にも長所・短所はございます。
ただ、日本人には日本人に合った食事がございます。

腸が欧米人と比較して短いため、タンパク質や脂質の消化・分解に時間が掛かります。
このため、「お肉だけをひたすら食べる(憧れありますがw)」というのは難しく、南米系の人のような食生活は苦手なのです。
消化不良による栄養不足で数か月しないうちに何らかの症状が発生する方も出てくるかと思います。

野菜と米と魚、キノコと海藻に、少しの『肉』

今更ではありますが、こんな食材を中心に食生活を見直すことで、食事制限によるダイエットも効果◎な基礎代謝↑↑体質へと変化してきます。
あとは「噛む」という事を意識的に行う事です。
咀嚼することが本当に重要です。満腹感+消化の手助けに。
口にしたものを物理的に細かくできるのは『歯』しかありません。
胃腸への負担を減らすためにも、よく噛むことがイイです。

そこにプラスしたいのが・・・

「身体の内側をキレイに」する。
まず真っ先に思い浮かぶのが

『腸』

かと思います!!(私だけ!?)

そこでお勧めなのが『乳酸菌サプリメント』になります。

乳酸菌サプリでデトックス効果UP!?

まず、デトックスには、腎臓系・発汗系とそして油分排出系がメインの方法になります。

  • 腎臓系 水分などを多く摂取して、尿として体内のアンモニアなどを排泄
  • 発汗系 汗をかくことで、毛穴などにたまった汚れの排泄や電解質バランスを整える
  • 脂質系 身体にたまった余分な脂質を便として排泄する。

そうなんです。

脂質は便でしか排泄できない!!

つまり

健康的にダイエットするためにはお通じの改善が◎

乳酸菌サプリは腸内環境を整えることで脂質排泄をサポート!!

ダイエット効率をよくするのです。

しかもタンパク質の吸収効率もUP

ダイエットに欠かせないのが『筋肉』です。
効果的に筋肉をつけるためには、運動、そして「タンパク質の摂取」です。

乳酸菌サプリは腸内に生息する善玉菌を活発にすることで、栄養の入り口「小腸」の
働きを活発にします。
すると、腸の働きが低いことで吸収されず、便と一緒に排泄していた「タンパク質」を
分解・吸収する酵素や、その手伝いをする善玉菌も増加します。

つまり

効率よく引き締まった身体に!!

ところが・・・

これは生きた乳酸菌が腸に届いた場合です。
乳酸菌サプリは死菌を使っているものがほとんど。
どちらかといえば「大腸」の働きを手助けするために開発されています。

生きた乳酸菌+2種類の水溶性食物繊維を使った本格派

ラクトフローラビオ1か月分(30包入)

最後に

サプリメントと言っても実に様々な種類があり、どこから手を付けたらよいかわからないという方も多いと思います。
必要な栄養素だけを狙って購入する手もありますが、これらはどちらかといえば、ある程度勉強された「上級者」向けです。

まずは「腸」というキーワードからサプリメントを摂取し、食事による栄養補給の効率改善を行い、

栄養を吸収しやすい身体

を目指してみるのが良いかと思います。

メルマガ会員に登録!
ただいま弊社では、メルマガ会員を大募集中です。 毎月、更新されたブログ情報や、メルマガ会員様だけのECサイトでのお得なセールのご案内(50%OFFや商品プレゼント企画も・・・)を毎月1日・25日にお送りします。 以下の情報を登録いただいた全ての方に、なんと「ステビア乳酸菌顆粒ラクトフローラビオ」の試供サンプルをもれなくプレゼント(約3日分) ※メールアドレスだけの登録も可能です。 <ご登録内容> メールアドレス・氏名・住所・電話番号 解約をご希望される場合は、お送りしたメールよりいつでも可能ですので、ぜひこの機会に弊社メルマガ会員にご登録ください。

メールアドレス (必須)

※ サンプル希望の方のみご登録ください

お名前 ※

ふりがな ※

住所 ※

電話番号 ※

メルマガ会員に登録する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
[`evernote` not found]