便秘と乳酸菌と食物繊維の関係

「乳酸菌は身体にいい」は今や常識にも近いものに感じます。なぜ身体にいいのかと言われれば、「腸内で有用な働きを行う菌」だからというもので、それにより腸が元気に、そして健康になることで、免疫機能改善や体質改善などを行うからです。腸の健康は「微生物」が担っている、特に「善玉菌」は最重要項目であります。今回はそんな善玉菌「乳酸菌」と腸の掃除屋「食物繊維」が「便秘」との深い深い関係性について改めてお伝えしたいと思います。

やっぱり必須!腸には乳酸菌

まぁホントしつこいぐらい書いておりますし、世の中にもこの手のブログとても
多いと思います。それだけ注目があり、悩まれている方が多いんだと感じます。
【腸】という臓器についてこれほど話題になっているのは、やはり「医療の進歩」によるものだと思っています。
当社も健康食品を取り扱う以上、「腸内を微生物の視点から改善していく」という機能は外せないと考えています。
今日はその辺りをわかりやすく書きたいと思います。

便秘に乳酸菌がイイ理由

乳酸菌ですが、そもそも人体内部で多く存在しているのは「胃・小腸など『腸』の入り口付近」が最も多いのです。なぜか?それは乳酸菌が『通気性嫌気細菌』だからです。
通気性嫌気細菌とは「生きてく上で空気がさほど必要ではない細菌」というイメージの菌です。
(すいません。かなりラフな言い方ですがわかりやすいかと思いまして・・・)

人体に生息する細菌達は「自分の住みやすい環境」で多く増殖します。と言うことは空気が嫌いな細菌は大腸・直腸で増えますし、空気の好きな菌は口腔内などで生息します。
という事は「乳酸菌サプリメント」とは何をするための菌で、本当に便秘に効果があるのか・・・

あると言えば「ある」、無いと言えば「無い」

本来、「腸」への効果を期待するサプリメントなどは「腸内細菌の構成を善玉菌優位にして腸を活発にする」というのがベースにあります。「人によって菌に相性がある」なんて言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、『菌』を摂取するだけのサプリメントではこのような現象が起きやすいのです。
なぜか?「乳酸菌より効果的な菌が腸内に存在している」場合があるからです。

???だったらサプリメントいらないんじゃ?

実は腸内環境は「年代」によってその構成が変わってくるのです。

wiki年代別腸内フローラ
参照:左wikipedia『腸内細菌』 右:http://seimei-kagaku.info/archives/100 光岡知足氏インタビュー

ヒトは老年期と呼ばれる時期から腸内フローラで乳酸菌が増殖します。
その代わりにビフィズス菌が減少します。「ビフィズス菌」は嫌気性細菌と呼ばれ、大腸内で多く存在しています。
これも俗に言う「善玉菌」で、腸の働きを活発にする菌です。

大変すいません。ここからは私個人の憶測でしか無いのですが、「ビフィズス菌が体内に多い時期には乳酸菌が少ない」と言えるのでは無いかと思っています。これは「健康な状態の腸内フローラ」(善玉菌が優性な状態)にするためには「ビフィズス菌が非常に有効で、その次に乳酸菌群が効果的に作用しているのではないか」と推測できます。

 と言うことは「便秘」の症状を改善するには・・・

「出す」というだけでは「食物繊維」を摂取することで解決することもあります。
しかし、度重なる便秘や悪い姿勢などで、腸が複雑に絡み合ったり、ねじれたりして慢性的に便秘になっている場合、専門家によるマッサージなど別途治療が必要です。

善玉菌を増やすことは「食物繊維」でキレイになった腸を「維持」したり、その働きを活発にするものです。
(もちろん活発になるので、便秘解消にもつながります)

善玉菌の働きはそれだけではありません。腐敗した便がだす有害物質で傷ついた腸細胞を「ビタミン類」で修復することで、肌も自然とキレイになってきます。

ここで合わせて取り入れたいのが「抗酸化作用」です。
腸内も活性酸素による「酸化ストレス」が生じています。そこで抗酸化作用による「腸のエイジングケア」を取り入れることで免疫機能はもちろん、美容や生活習慣病の予防まで幅広く効果が期待できます。

実は「善玉菌」も「腸のエイジングケア」も「ステビア乳酸菌エキス」1つで実現できてしまうのです。

※ステビア乳酸菌エキス配合の商品は下記の商品一覧ボタンをクリック。

infomation
商品一覧 会員登録 その他の記事

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう