乳酸菌サプリで始める簡単アレルギー対策!
決め手は「早いうちに」・「長~く続ける」です。

「乳酸菌」とアレルギーについてはホントおなじみになりました。善玉菌を摂取して、腸内のpHを酸性側に傾けることで、悪玉菌を退治して、善玉菌優位な腸内環境を作る。そうすることで、ヒトの体内にある免疫細胞の約60%を占める腸が元気になり、免疫力が向上し、アレルギー対策にとても有効です。
もちろん、乳酸菌取ったからと言ってすぐには改善されません。
今日はアレルギー対策への取り組み方についてお伝えしたいと思います。

乳酸菌とアレルギーの関係

なぜ乳酸菌がアレルギーに効くのか?

乳酸菌サプリというと「腸内フローラ」という単語がすぐに思い浮かぶ方が多いと思います。(ワイドショーなどでも散々特集くまれていましたもんね)腸内フローラとは「腸内に棲む微生物(腸内細菌)の集合した様子の総称」です。つまり人体に数百兆個も存在する数千種類の腸内細菌の事をさしています。
名称未設定-3
図.悪玉菌優位の腸内フローラ

この腸内細菌は大きく分けて3つに分類されます。

  • 善玉菌 ・・・腸内でヒトに有益な働きをする微生物(通気性嫌気性細菌or嫌気性細菌が多い)
  • 日和見菌・・・その日の状況で善玉菌的に働いたり悪玉菌的に働く菌
  • 悪玉菌 ・・・腸内でヒトに有害な働きをする微生物(好気性細菌などが多い)

好気性細菌:生存するために酸素が必要な細菌 嫌気性細菌:生存するために酸素が必要でない細菌

腸内に存在する「免疫細胞」は全体の約60%!つまりは「腸」を元気にすることで、腸に存在する免疫細胞も正常に働き、アレルギー物質や有害物質から身体を守る力が高まるのです。その為には善玉菌優位な腸内フローラを構成する必要があるので、乳酸菌を始めとする「善玉菌」を摂取しましょうという理由から、「アレルギーには乳酸菌」となっているのです。

ある日突然発症するアレルギー。免疫機能はどのような仕組みでバランスを崩してしまいアレルギーが発症してしまうのでしょうか・・・

免疫機能とアレルギーの関係

ついにきた!花粉症にかかっちゃった

アレルギー症状を発症するのは『ある日突然です』(もちろんいきなりひどい症状ではありませんが・・・)私の場合は、まだ大学生の頃、気がつくと「杉の季節」にくしゃみと鼻水、目の痒オリみがきました。当時の私は「花粉症=アーバンな病気」と思っており、「ついに俺も(^_^)v」なんて思っていました。w

つらい。外出したくない。誰にも会いたくない

とまぁ、ここまでは思わなかったですがwとにかくティッシュが手放せない状態でした。冬になると鼻を真っ赤にすり切らしながら鼻をかむ。なんて馬鹿だったんだ俺。もうアーバンじゃなくていいから解放して欲しい・・・
そこから約8年、2月から3月に掛けては地獄のような日々でした。

免疫機能の過剰反応=アレルギー

「なぜ毎年吸ってきた花粉が急に悪さをしだすんだろう?」
それはあなたを守ってきた免疫機能が強力になりすぎたからです。

0705e7142d0efaba31f3fa08fabc3d1b_s
強力になったというと聞こえは良いですが、「必要以上に強すぎる」と良くないのです。鼻水がたくさん出てしまうのも、目がかゆくなるのも、くしゃみがとまらないのも、全て「必要以上に強すぎる反応」を起こす免疫機能に問題があるからです。「なにもそんなに鼻水ださなくても」みたいな量がでてしまったり、「くしゃみ止まんないんですけど」というような症状は、アレルギー物質の量というよりも、身体の防護作用が強すぎることで発生してしまっているのです。

長くなりましたが、免疫細胞がアレルギー物質によって、その機能をめちゃくちゃにされてしまい、どのくらいの反応が適切なのか分からなくなってしまった状態を「アレルギー」と言います。

アレルギー反応が起こるしくみ

アレルギー反応の原因:IgE抗体の過剰反応

もう少し専門的に話すと、アレルギーの原因となる物質を「アレルゲン」または「抗原」といいます。花粉、ダニ、ハウスダスト、食物、薬物など、私たちの身のまわりには多くの種類のアレルゲンがあります。どのアレルゲンに反応するかは人それぞれです。アレルゲンが体内に入ってくると、これをやっつけようと「IgE(アイジーイー)抗体」というタンパク質がつくりだされます。このIgE抗体は、皮膚や粘膜に多くあるマスト細胞の表面に張りめぐらされており、底へ再びアレルゲンが侵入してきて、このIgE抗体にひっかかり結合したとき、マスト細胞の中につまっているヒスタミンなどの化学物質が一気に放出されて、かゆみなどの症状があらわれてくるのです。
※免疫グロブリンと呼ばれるタンパク質の一種。体内でつくられる抗体にはIgG、IgA、IgM、IgD、IgEの5つの種類があります。

納得!!アレルギーにあった乳酸菌サプリの選び方

 アレルギー対策をするために

アレルギーへの対策に乳酸菌サプリを使いたい場合、このような点に注目すると良いです。

  • 乳酸菌は生きたものを腸に届ける。
  • 腸細胞を抗酸化させる。
  • 大腸よりも小腸!
  • デトックス作用のあるもの

続ける事が大切

アレルギーに効くという事で「ヨーグルト」にとても注目が集まりましたが、やは続けるのであれば『乳酸菌サプリ』をオススメします。というのは、「腸まで壊れずに届く有効成分」を考えるとヨーグルトより乳酸菌サプリは良く考えられています。
毎日続けるとなると、金額的にも「ちょっと効果を唱ったヨーグルト」と大差の無いものが多いのも特徴です。
手軽に水だけあれば飲めてしまうのもとても便利ですしね(^_^)v

Print

腸内フローラの構成を変えるには時間が掛かります。なぜなら「生活習慣」が大きな要因であるからです。「毎日ヨーグルトなどを食べても睡眠不足で食物繊維も不足」しているようではなかなか改善されません。
ですので、乳酸菌サプリを続けながら、毎日の生活習慣を見直すということを意識していく事が重要になります。
そうすることで、改善までの時間がぐんっと短くなるのです!

1日も早く始めて・1日も長く継続すること」がとても重要です。
是非この機会に「腸内フローラ」の見直しを!!

 

infomation
商品一覧 会員登録 その他の記事

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう