健康寿命が伸ばして美しく・キレイな身体を手に入れましょう!!

 

2017年最初のブログは「健康寿命・美容」の最新ニュースをお伝えしたいと思います。最近話題の「健康寿命」ですが、健康であるということは「キレイな身体」を維持・作ることです。

いつまでも「元気で動ける・おいしい物を食べられる・大声で笑える」そんな『健康である時間』が長く続くことは誰もが願うことだと思います。健康寿命は日々の「積みかさね」がとても重要です。

この記事をご覧頂き、「今」から「健康寿命活動」を始めましょう!!

 

健康寿命1 腹八分目で適度な運動

 

食べ過ぎはダメ!!

 

まぁこれはご存知の方も多いと思いますが、ラットを使ったある実験の話です。

 

65244869

 

1.食事による摂取カロリーを意図的に20%カットして生活させたラット
2.毎食お腹いっぱい食べたラット

さてどっちが長生きだったでしょうか????・・・・ってもうお分かりですよね。
正解は1です。

1930年代、米国コーネル大学の研究者らが発表した内容で、約40%も寿命が延びたそうです。
猿でも同様の実験が行われ、結果は・・・こちらはまちまちだったみたいです。(餌の種類や食べ方が違う実験方法だったようです)

 

日経トレンディネット2014年4月

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20140403/1056364/?P=2

 

カロリー制限というよりは、「満腹感が得られる高たんぱくで食物繊維豊富な食事」というのがいいとのことです。じつは、これには身体が酸化する「酸化ストレス」というものが大きく関与しています。

 

脂肪や糖質は「酸化・糖化」しやすい。

 

これらの物質はエネルギー代謝の際などに発生する「活性酸素」と結びつくことで、過酸化脂質・糖質となってしまいます。つまり、よく耳にする「身体を構成する細胞がサビる・コゲる」という不健康な細胞を作る元になってしまうのです。

 

激しい運動も・・・

 

運動も「すればいい」というわけではありません。運動強度が高まる(過度なエネルギー代謝によって)につれ、活性酸素が体内で発生します。だからといって全く運動しないと今度は「食事から摂取する脂質・糖質」が細胞内に溜まることで、酸化ストレスを引き起こす原因となります。

ものすごーく乱暴な言い方をすれば「デブ」も「アスリート」も短命の割合が高いというわけです。
(これはかなり極論ですが・・・)

『何かのやりすぎは身体を痛めるということ』かと個人的には思います。(食べ過ぎ・飲み過ぎ・運動し過ぎ・・・)

 

結論

何事も「適度」にこなす。身体に大きな変化を与えないということが一番のようです。

・・・まぁそんな「適度な」人生が良いのかと聞かれると、私は「好き」ではないですけどw
そのあたりはお好みで「悔い」のないようにお過ごしくださいwww

 

健康寿命2 お肌の抗酸化は「洗顔」が有効!?

 

今度は「キレイ」の健康寿命です。
昨年12月8日に開催された「NPO科学的根拠に基づく健康寿命を伸ばす会 第4回講演会」にて株式会社コーセー 開発研究室 の笠主任研究員が「アンチエイジングと化粧品」という講演の中で、「皮膚に存在するアクネ菌が活性酸素を産出する原因」という研究結果を発表されていました。

 

アクネ菌!?ってニキビの原因のアレですか?

 

肌トラブルの代表「ニキビ」ですが、原因の一つとされるアクネ菌。実は皮膚で、コプポルフィリン(Coproporphyrin)を産出し、紫外線に照射されることで、活性酸素一重項酸素を多く出してスクワランという脂質と結びつき過酸化脂質を作り出しているんです。

ko-se

 

引用

「NPO科学的根拠に基づく健康寿命を伸ばす会 第4回講演会」講演内容
「アンチエイジングと化粧品」 株式会社コーセー 開発研究室

 

肌細胞において過酸化脂質は紫外線が照射されることで光老化の原因とされ、‟しわ”‟たるみ”の発生につながります。もうお馴染みのアンチエイジングですが、肌細胞においてはこの過酸化脂質によって受けたダメージの改善と対策が重要になります。

 

なぜ洗顔なのか??

 

ニキビの対策で洗顔やニキビクリームを使うかと思います。これらはすべて「アクネ菌対策」です。受けたダメージを改善する第1歩は「原因の除去」です。お肌もやはり「菌活」が重要のようです。

アスタキサンチン配合美容石鹸 富士の華石鹸

100g 1980円

健康寿命3 やっぱり決め手は○○

 

先ほどのアクネ菌もそうですが、過酸化脂質の「微生物」にはどうやら関係がありそうです。
善玉菌・悪玉菌でおなじみの「腸内環境」ですが、人間には実に様々な「微生物」が存在しています。この「微生物」を有効に活用していくことが、健康寿命を延ばす秘訣であるとも言えます。

体内・外で発生する活性酸素を適切に除去する・過酸化物質を除去して正常な細胞にする。
そのサポートは善玉菌や飲食によって摂取する抗酸化物質によって行われているのです。

もちろん抗酸化作用は本来人間に備わっていますが、日々の生活習慣や加齢によって年々衰えていきます。
なので、積極的にサポートする必要があります。

 

しっかり腸に届けないと意味がない

 

経口摂取(飲食)の場合、有効成分が腸まで届くのには様々な消化器官を通る必要があります。
その間に有効成分が壊れてしまったら・・・元も子もありません。

乳酸菌などの善玉菌は「死菌(死んでしまった菌)」でも効果があるという発表もありますが、どうせ腸まで届けるなら生きた菌の方が効果的だと考えます。

 

健康寿命4 そうだ!今日から始めるなら『コレ』

 

腸まで届ける「ナノカプセル処方」で有効成分(ステビア乳酸菌エキス・難消化性サイクロデキストリン・アガベイヌリン)を余すことなくあなたの身体に浸透させます。毎日の健康維持や美容に大活躍。

1日1包を目安に飲むだけのお手軽さ!
不足しがちな食物繊維も!過剰になりがちな脂質や糖質も!
健康も美容も「腸を見直すこと」から始まります。

 

ステビア乳酸菌顆粒サプリメント LACTOFLORA・BIO ラクトフローラビオ

 

%e3%83%a4%e3%83%95%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%a2%e5%95%86%e5%93%81%e7%94%bb%e5%83%8ftop  
1包2g 30包入 6480円

商品詳細

いかがでしたでしょうか?
話題の健康寿命ですが基本は「酸化ストレス」を解消していくことです。

そのために「腸」の働きを改善していくことがとても重要です。
まずは手軽に始められるサプリメントなどを利用して、日常生活に「健康習慣」を取り込んでください。

商品詳細
infomation
商品一覧 会員登録 その他の記事

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう