マイクロオゾンミスト発生器 OZ-300(おーぜっと300)

部屋を「快適」にそして「安全」に

  今、室内環境に対してこのような考えをお持ちの方が多いです。

  • 毎年花粉症に悩まされている。せめて室内くらいは「安心」していたい。
  • ヒトの出入りが多いので、感染症対策をしっかりやって「安全」な環境にしたい。
  • 臭いが気になるなぁ。この部屋、「快適」ではないよ。

 自分のいる空間に「安心」「安全」「快適」を求める声は年々増加しています。

ここでご家庭や企業様から聞いた声の一部を記載します。

今いる空間環境への不満や不安

とある家庭の場合

924f99cd8b28e13390552602d0db2988_s

 

とある家庭の場合

我が家は、私・妻・子供2人(3歳・0歳)・猫1匹という家族構成になります。
2DKのアパートで狭いながらも楽しい毎日を送っておりますが、
実は生活環境にこんな悩みがあります。

  • 乳幼児がいるので、感染症の流行には過敏に反応してしまう。
  • 何でも口に入れてしまう下の娘は特に心配である。
  • トイレトレーニング中の娘を始め、まだまだ「おむつ」の需要が減らず「燃えるゴミの日」までが大変。
  • ペットがいるのでお客様が来たときの「臭い」が気になる。
  • 私が咳などしようものなら・・・・妻の顔がまるで・・・w

長女が生まれる際に買った「加湿型空気清浄機」があったのですが、今じゃ中にカビが生えてしまい倉庫の肥やしですw
そのまま使った日には「カビルンルン」が部屋中に散布され、逆効果ですw空気清浄機もフィルター交換の時期を知らせるランプが点灯しているのでフィルターを買わなければなりません。この手の商品はメンテナンスをしっかりやらなければ、逆に健康被害が出そうで・・・・あ~ぁ(^_^;) いつになったら安心・安全で快適な暮らしができるのか・・・

タイトルに戻る

とある会社の場合・・・

8b78540ca6c3d6d850957f533be1b2dd_s

 

”とある会社の場合”

毎年この時期が来ると・・・憂鬱です。
この時期・・・というより、出社すること自体が既に憂鬱かもしれないw

まぁ冗談はさておき、11月~3月ぐらいまでの冬場はどうしても社内に元気がないんです。
インフルエンザなどの風邪、花粉症などのアレルギーでどうしても社員のパフォーマンスが悪い
3月決算の我が社では最後の追い込み時期だというのに・・・
それだけではありません。

ジメジメする時期には「臭い」も気になります。鼻がバカ(w)になるので分かりニクイですが。あと、夏場はクーラーで乾燥する。もう通年空気がよどんでる気がします。そういや、社内の片隅にある空気清浄機って誰が管理してるの?なんかやばくない?w

879649bc346e37d40d39b06efb040199_s

タイトルに戻る

 

>空間環境への不満や不安、本当に増えています。

 感染症やアレルゲン・そして臭い・・・

0705e7142d0efaba31f3fa08fabc3d1b_s

「インフルエンザ」「花粉症」
これらの問題は「ヒト」が2人以上いる環境であれば必ず起こります。
人数が多ければ多いほど問題の数は「これでもか」と増えていきます。
自分自身もツライですが、感染症は「誰かにうつる」可能性があります。

怖い感染症・・・

7269f790856e0e1a0fe59d12ebf7c9e3_s

  • 小さなお子様やお年を召したご両親、最近では可愛いペットなども
  • 受験や大事なテスト前のお子様
  • 重要なプレゼン・商談前の社内
  • 病室や介護施設など体調管理が重要な施設
  • たくさんのヒトが訪れる公共施設や商業施設

 このように様々な人・場所で感染症のリスクがございます。
花粉症などのアレルギーも突然やってきます。急に猫アレルギーになったり・・・・

手放せないデオドラント商品

 82061e6678fe6b728070dd1540b2875b_s

デオドランド(消臭)商品など皆様お持ちかと思います。毎日過ごす場所の「臭い」への対策はもはや必須です。・・・・臭いに「慣れて」しまうと、突然の来客など思わぬところで「恥ずかしい」思いをしてしまいます。臭いは「印象に」残ります。「臭い会社」や「臭い家」なんて思われたくないですよね~

「住めば都」・・・鼻が環境に適応する
55879ca8463d5fc693ba137c45b23398_s

「ご自身の匂い」ってなかなか自分で「私はこういう匂いです」とハッキリ伝えられないですよね。
鼻は一定期間その匂いを嗅いでると、匂いに慣れてしまい感じなくなってきます。
わからない臭いが実は不快な印象を与えているかもしれません。

あなたの生活環境は快適ですか?職場・利用する施設は安全ですか?

今一度考えてみませんか。もし、少しでも「不安」を感じてしまったら・・・・

私たちが満を持してお届けする「OZ-300」に全てお任せください!!

マイクロオゾンミストを使った「安全」な方法で、「安心・快適」な空間作りをお約束致します。

マイクロオゾンミスト発生器「OZ-300」

%e3%82%aa%e3%82%be%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%bc%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

ご使用にあたって
OZ-300は、噴霧されるオゾンミストの抗菌性試験データから、除菌・消臭・感染対策など、空間衛生を維持することを期待する装置です。これにより、無菌状態が作られるものではなく、感染予防を保証するものではありません。
 ご利用施設例に病院・介護施設・調剤薬局等が含まれていますが、医療機器ではありません。
除菌・消臭・加湿能力は、お部屋の状況(広さ・形状・空調・温度・人数・その他機器などの利用状況、商品の設置場所など)や使い方(吹き出しロの方向・曲げ方、運転モード)によって異なります。
 
市場初「ダイヤモンド電極」搭載小型オゾンミスト発生装置「Oz-300」

「OZ-300」は室内用小型マイクロオゾンミスト発生器として

 

商品の特徴

えっ加湿器?ただの加湿器ではないんです。

OZ-300はただのタンクの水を噴霧する加湿器ではございません。
「ダイヤモンド電極」を使いオゾンを発生させる市場で唯一の「室内用の小型機器」なのです。
これまで「オゾン」を発生させる機構は非常に大型のものばかりが多く、産業用がメインでした。
当社は非常に小型で高効率な発生方式を実現した「ダイヤモンド電極による電気分解方式」でオゾンを発生させます。
しかもただのオゾンガスではなく「タンクの水をオゾン高含有水に変換」して「マイクロオゾンミスト」を作り出すのです。

安全な「マイクロオゾンミスト」であなたのいる「場所」が「安心・快適空間」に

「オゾン」と聞くと、なんか「怖い」というイメージがあるかもしれません。
(⇒オゾンとは? こちらをご覧ください)

ですが、ご安心ください!!このマイクロオゾンミストは「オゾン高含有水」を使います。
オゾン高含有水をミスト化することで、空間のオゾン濃度を上げることなく、空間環境を安全・快適にします。

オゾンガス方式とオゾンミスト方式の比較
  オゾンガス方式 オゾンミスト方式
オゾン発生方式 高電圧方式 電気分解方式
空間のオゾン濃度 高くなる 大きく変わらず
安全性
おススメ

※OZ-300評価試験結果はこちら

マイクロオゾンミストの効果

殺菌・除菌・消臭効果のある「オゾン高含有水」をミスト化した「マイクロオゾンミスト」

マイクロオゾンミストが得意なこと
  • ウイルス・病原菌をはじめとした微生物の除菌・殺菌
  • 「有機物」が原因のあらゆる「臭い」の除去

オゾンはその高い酸化作用であらゆる「有機物」を安全に分解します。
もちろん「有機物」には人やペットなども含まれるので高いオゾン濃度は有害です。

オゾン濃度(ppm)

人体への影響
0.01~0.02 多少の臭気を覚えが、やがて馴れてくるレベル
0.1 明らかな臭気を感じ、鼻や喉に刺激を感じるレベル。
0.2~0.5 3~6時間曝露で視覚が低下するレベル
0.5 上部気道に明らかな刺激を感じるレベル。
1~2 2時間で頭痛・胸部痛・上部気道の渇きと咳が起こり始める。
曝露を繰り返せば、慢性オゾン中毒にかかってしまうレベル
5~10

脈拍増加・体痛・麻痺症状が現れてしまい、
曝露が続けば肺水腫を招くレベル

15~20 小動物が2週間以内に死亡してしまうレベル
50

人間は1時間で生命危険となるレベル
(※狭い密閉空間でオゾン高濃度発生器させないとこの濃度にはならない)

表. オゾン濃度による人体への影響

 マイクロオゾンミストは「水溶液として安定化したオゾン」になるため、いたずらにオゾン濃度が高まることはありません。
しかし、狭い密閉空間などで噴霧を続けると「オゾン特有の臭い」が空間中に広まります。
(オゾン濃度0.01~0.02 ppmレベル)
その場合は、OZ-300本体に備わっている「間欠運転」を上手に活用して霧の出る量を調整してください。
(4畳半程度の部屋を閉め切りにして連続運転を行うと「結露」など起こったという報告がございます。この場合は間欠運転1とタイマー機能でご対応いただきました)

マイクロオゾンミストを選ぶ理由

とにかく安全で効果的な「オゾン活用法」である。

殺菌力や防臭機能だけを特化すれば、市場には様々な商品がございます。
ただ、それらは「アルコール系」や「塩素系」などの薬品がベースになっています。
OZ-300で使うのは「水」だけです!!
7fda6c18d2e18987c801648e26495977_s
タンクに給水した「水」だけを使って「オゾンを給水した水の中に作り出す」のです。

開発にあたり、さまざまな検討を行いました。
たどり着いた結論として、一般的なオゾンガス発生器と比較して、「発生するオゾンのコントロールが容易」であることが弊社がオゾンミストを採用した理由です。

室内空間で使用する機体で、抜群の安全管理が行えるオゾン製品、それがマイクロオゾンミスト発生器「OZ-300」なのです。

メンテナンス

 OZ-300は「電極による電気分解方式」を採用しています。
使う水の種類によっては「定期的なメンテナンス」がどうしても必要になります。

 タンクに使用できる水の種類

  純水 軟水 水道水

条件

浄水器の設置

スーパーなどで購入

水道局との契約
入手コスト 設置後〇 設置前× ▲(2ℓで100円前後)
メンテナンスの手間 ×
おススメ

専用洗浄液を使ったメンテナンス方法
(水道水や軟水を利用の場合)

メンテナンス方法

 %e6%a9%9f%e4%bd%93%e5%88%86%e8%a7%a3

週に1度、機体内部に専用洗浄液を使って電極洗浄を行ってください。
(詳細は本体の取扱説明書に付属したメンテナンスマニュアルをご覧ください)

  • %e6%a9%9f%e4%bd%93%e5%86%85%e9%83%a8
    図の中で赤く囲んだ部分が浸る位に、専用洗浄液をためる。
  • そのまま12時間程度放置する。
  • %e6%8d%a8%e3%81%a6%e6%96%b9
    送風口を上にして、専用洗浄液を捨て、水道水で機体内部に溜まった埃なども一緒に濯ぐ。

OZ-300をご希望のあなたに

●とりあえず資料が欲しい
以下のボタンをクリックして、お問合せフォームより「資料請求」を行ってください。
お問合せ

●入手方法を知りたい
入手方法

LINEで送る
[`evernote` not found]