貴女に合った化粧品の選び方

皆様こんにちは!総務部の帆苅です。

300244

私事ですが、手荒れが中々治りません。子供の手も私と同じように指の腹がカサカサ。と考えたとき、洗浄力の強い洗剤(ハンドソープ・ボディソープ)を止めて固形石鹸に変えたのに…なんでだろう?

 せっけん

固形石鹸=「肌にやさしそう」な勝手なイメージ。

成分表示を見てびっくり(^^;)いろんな成分が入っていて、手の油分がごっそり持っていかれていました。無添加・自然派・天然由来の化粧品を扱っているのに顔以外の事はおろそかになっていました。皆さんはどんな基準で化粧品を選んでいますか?

 はてな

今回のテーマは、「オーガニック化粧品・無添加化粧品・デパート(百貨店)化粧品」です。

「オーガニック化粧品」とは?

肥料や農薬などの化学合成成分を使用せずに栽培された、有機素材で作られた化粧品のことです。素材そのものの効能により人間が本来持つ自然治癒力を高め、お肌への刺激が少ないのが特徴です。なぜオーガニック化粧品がお肌に優しいのかというと、お肌に刺激となりやすい化学物質が含まれていないからです。

敏感肌の人でも肌荒れや乾燥の心配が少なく使用できるという点があります。また、化粧品はたくさんの種類のものが、市場で販売されています。無添加、自然派、天然由来といった様々なキャッチコピーがあり、メインで含まれている自然素材にも、色々な種類があります。それらの違いは一体何なのでしょうか?

名前が違うだけ?いえいえ

無添加、自然派、天然由来など、オーガニックなイメージはしますが、その中身は違います。

「無添加化粧品」

防腐剤・合成色素・石油系界面活性剤などの人工添加物が含まれていない化粧品のことを指します。

 

「自然派・天然由来化粧品」

天然の素材を加工して精製しているもののことを指します。つまり、無添加化粧品というのは、人工的な化学物質をほとんど配合していない有機素材の成分が含まれた化粧品。自然派、天然由来成分配合の化粧品というのは、天然成分が含まれた化粧品という意味です。無添加や天然由来と聞けば、化学合成成分がひとつも使われていないイメージがありますが間違いです。これらにも化学合成成分が含まれています。だからと言って、お肌にやさしくないというわけではなく、化学合成成分をなるべく抑えた化粧品です。

 

「オーガニック化粧品を選ぶ上での注意点」

では、オーガニック化粧品ならば、本当に安心して使えるのでしょうか?実は、これも一概に良いとは言いきれません。無添加、天然由来のオーガニック化粧品でもアレルギーをお持ちの人は、どんな天然素材が使われているのかを気にする必要があります。例えば大豆アレルギーの人が、大豆の成分を含んだ化粧品を使うと、アレルギー反応が出ることがよくあります。いくらオーガニックといっても、天然素材と肌の相性が悪ければ肌トラブルになってしまいます。オーガニック化粧品を購入する時には、自分の体質やお肌に合ったものを選ぶのが大切です。

「デパート(百貨店)化粧品」

いろんな外資系コスメも沢山あります。コスメカウンターに行くのって勇気がいりませんか?ですが、プロの美容部員の方にメイクをしてもらえたり、最新コスメが試せたり、サンプルも貰えるので自分のお肌に合った化粧品が見つかりそうですよね。私も20代前半は、色々なメーカーの美容部員の方と仲良くなって、相談に乗ってもらいました。

 化粧品

ドラッグストアでも気軽に買える化粧品。

年齢を重ねるごとに増える悩み。お肌に合う化粧品を探すことは続きます。今使用している「化粧品が合わない」「満足していない」という方は是非当社の化粧品もお試しください!サンプルのご用意があります(^O^)

では、次回もお楽しみに~!

 

infomation
商品一覧 会員登録 その他の記事

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう