30代の肌の特徴と必要なスキンケア・おすすめの化粧品

30代に入るあたりから、お肌にはエイジングサイン(小じわやしみなど)が現れ始めます。体調不良や疲れが「肌」に表れているのを感じる場面も多くなるのもこの頃だと思います。

20代では感じられなかった肌の変化が生じ始めるのが30代のお肌なのです。当然のことながらスキンケアも肌の変化に合わせて変えていく必要があります。

では、具体的にどのような点を意識することが大切なのか、どのように日常のスキンケアを行う必要があるのかということをお伝えします。

エイジングと共にやってくる「肌の悩み」

30代になると、以下のような「肌の悩み」を感じる方が非常に多くなります。

 

くすみ

原因:皮膚の血行不良やターンオーバー(お肌の新陳代謝)の乱れ、乾燥。 表情がどんよりと疲れて見えるようになってきます。

 

シミ

原因:経年的に浴び続けてきた紫外線やホルモンバランスの影響。メラニン色素が沈着してシミが目立つようになってきます。

 

シワ、たるみ、毛穴

原因:加齢による肌内部(真皮)のコラーゲンの減少や紫外線による変性など。毛穴たるみで涙型のように開いてしまうこともあります。

 

30代以降はこのような肌の悩みに対して、原因に対するケアを「毎日のお手入れ」に取り入れることが大切なのです。

 

【肌のお悩み解決1】くすみ対策には“原因”を追求することが近道

なぜ、自分の肌でくすみが起きたのかということを理解することがくすみ対策の近道です。

肌の血色が悪いということ、それは顔の血行不良が原因になります。そのため、保湿成分の入ったクリームやオイルなどをたっぷりと使いながら肌への摩擦によるダメージを少なくして優しくマッサージをすることが◎。

また、半身浴や適度に運動することも全身の血行がアップするので、くすみ対策にはとても有効です。睡眠を十分にとり、お風呂もシャワーだけで済まさず入浴をするなど身体を温めるように心掛けることも大切です。
(ちなみに筆者は目のクマがひどかったのですが、ランニングを始めたことでだいぶ改善されましたw)

 

肌のターンオーバーが滞る。

 

新陳代謝が落ち始める30代に多いくすみの原因として、肌に不要な角質が溜まっている角質肥厚、つまりターンオーバーが滞っているなどがあります。

ここでも血流改善による代謝改善が非常に効果的です。乱れたターンオーバーを整え、古い角質を押し出すためには、新しく作られる肌をしっかりと保湿することも効果的です。

セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が配合されたスキンケア化粧品を活用することで、お肌に潤いを与えることが大切です。

古い角質を取り去るにはピーリングも効果的ですが、やりすぎてしまうとせっかく作られた肌組織が壊れる場合もあります。ですので、気になる方は週に1~2度程度の頻度で行うと良いでしょう。

 

話題の抗糖化作用

 

それでもだめな時。

もしかすると肌が「糖化」している恐れがあります。
糖化は細胞内の余剰な糖質が紫外線に当たることで「焦げる」ことで発生します。(イメージとして肌の黄色が強くなる感じです。)

レスベラトロールなども良いですが、やはり酸化作用も期待でき、乳酸菌のチカラで肌常存菌バランスを整えることで「肌本来の保護機能」を高めることもできる「ステビア乳酸菌エキス」がおすすめです。

 

ステビア乳酸菌エキスの効能 ステビア乳酸菌エキス配合の製品

 

【肌のお悩み解決2】シミ対策は「やっぱり美白ケア(紫外線ケア)」

 

シミ対策では、紫外線対策と美白成分を上手に使いこなすことが重要ですが、某大手化粧品メーカーでも白斑などの副作用トラブルがございましたので、化粧品選びも慎重に行う必要があります。

美白成分は大きく分けて2つになります。

 

メラニン生成抑制作用:シミの原因となるメラニンを作らないように働く成分(問題があった成分)
メラニン還元作用  :できてしまったシミを薄くする働きをするがある成分

 

シミができてしまった30代の肌には

 

紫外線対策は行ってきたつもりでも、すでにできてしまったシミへは、メラニン還元作用のあるビタミンC誘導体などが良いです。

また新たにシミができるのを防ぐためには、メラニン生成を抑制する作用のあるプラセンタエキスなどが良いでしょう。

美白ケアには「陽射し」が気になる夏だけではなく、年間を通して行うことが重要です。特に外出時には日焼け止め・日傘・長袖の着用などで肌に直接紫外線が当たらないようにすることもお忘れにならないように。

 

【お肌のお悩み解決3】これからますます増える毛穴、シワ、たるみ対策

30代になってくると、たるみによる毛穴の目立ち、いわゆる「たるみ毛穴」が気になる方が増えます。これはシワやたるみの原因と同じく、肌内部(真皮)のコラーゲン減少が大きな原因です。

コラーゲンは真皮の「約7割」をも占めています。皮膚の弾力低下がこの問題の原因となっています。

細かい繊維状であるコラーゲンの集まり、それを束ねる同じく繊維成分であるエラスチンと共に皮膚の弾力を維持する大きな役目を担っています。

しかし、このコラーゲンとエラスチンは加齢や紫外線を浴びることで減少・変性します。その結果、真皮をしっかりと支えられなくなり、だらりと伸びてしまうことで、肌がたるみ、たるんだところがシワになるといった症状が発生します。

高分子原料は肌から吸収できない。

コラーゲンもエラスチンも高分子なため、そのまま直接化粧品などから皮膚に吸収することは難しいです。低分子化されたものもありますので、商品を選ぶ際の項目に入れておくと安心です。

毛穴・シワ・たるみの問題は、スキンケアも重要ですが、「食事からのたんぱく質の吸収効率を上げる」インナー美容も重要です。
そのためにはまず、「腸内環境」を見直すことも大切になってきます。

食事からのたんぱく質はそのほとんどを「腸」が入り口となって吸収されます。
腸の働きが落ちる。また、腸内細菌の構成が変わり、今までたんぱく質を分解できていた菌が少なくなればもちろん効率が下がります。

そうならないためにも、30代からのスキンケアには体の内側のケア、つまり「インナー美容」が重要になってくるのです。

 

インナー美容について

 

【まとめ】30代からのスキンケア

1くすみには血行・保湿・生活習慣改善。それでもだめなら「糖化」対策

2【シミ対策】できてしまったシミにはメラニン還元作用のあるビタミンC誘導体などでフォロー。日中のUVケアも忘れずに。

3コラーゲン・エラスチンなど、肌を支えるたんぱく質が重要。低分子で配合されたスキンケア化粧品や、インナー美容を行う。

 

いかがでしたでしょうか。まだまだ「若い」つもりでも、あなたの肌は確実に30年間経過しています。しっかりと現状を確認して、日々の適切なスキンケアを行う事で実年齢よりも若く見られたり、美肌は手に入れることができます。まずは習慣づけるところから始めましょう。

 

当社スキンケア化粧品について

 

化粧品 開発コンセプト

 

メルマガ会員に登録!
ただいま弊社では、メルマガ会員を大募集中です。 毎月、更新されたブログ情報や、メルマガ会員様だけのECサイトでのお得なセールのご案内(50%OFFや商品プレゼント企画も・・・)を毎月1日・25日にお送りします。 以下の情報を登録いただいた全ての方に、なんと「ステビア乳酸菌顆粒ラクトフローラビオ」の試供サンプルをもれなくプレゼント(約3日分) ※メールアドレスだけの登録も可能です。 <ご登録内容> メールアドレス・氏名・住所・電話番号 解約をご希望される場合は、お送りしたメールよりいつでも可能ですので、ぜひこの機会に弊社メルマガ会員にご登録ください。

メールアドレス (必須)

※ サンプル希望の方のみご登録ください

お名前 ※

ふりがな ※

住所 ※

電話番号 ※

メルマガ会員に登録する

infomation
商品一覧 会員登録 その他の記事

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう