さらに老化が進行する!50代に必要なスキンケアとは

「肌質キープ」が最重要!50代からのスキンケアと基礎化粧品とは

美しい肌を保つには、年齢に合わせたスキンケアが大切です。今回は、50代に必要なスキンケアについて解説します。間違ったスキンケアは致命傷になりかねない、大切な50代からのスキンケア。

 

シワ・たるみなど「肌老化」が一段と進む50代肌

50代になると、身体のコンディションや肌の調子が、これまでと全く違ってくる方もいらっしゃいます。50代を境に起こる身体のさまざまな変化は、ホルモンのバランスなどが大きく関係しています。

更年期も後半にさしかかるこの時期、女性は閉経を迎えると、女性ホルモンの分泌がほとんどなくなります。

女性の美を内側からサポートもしてくれた女性ホルモンの分泌がなくなることで、さらに肌の老化は深刻化しやすくなり、これまで以上にシミ、シワ、たるみなどが目立つようになります。

また、肌の状態は腸内細菌の構成も大きく関係しており、40代以降は年々悪玉菌が優位な環境になり、「腸の働き自体」がガクッと落ちてきます。

 

 

このように50代からは衰えていく肌をいかにキープし、今まで以上に外的要因(紫外線や乾燥)と内的要因(ホルモン減少・腸内環境の乱れ)を意識したケアが重要になってきます。

肌老化原因の最大要因!「紫外線」への対策

 

肌の老化原因の約8割以上を占めている紫外線。

若い頃からしっかり対策をしておくべきですが、加速していく老化を少しでも食い止めるためにも、50代の方はさらに高い意識を持って行うことが大切です。

以下の点は特に意識してケアを行う事をおススメします。

 

肌に優しい日焼け止めをしっかりこまめに塗りなおす。

 

 

ついついサボりがちな日焼け止めですが、お出かけ前に塗るだけでなく、外出先でもこまめに塗り直すことがとても重要なのです。

今や、強い紫外線が通年降り注いでいますので、ライフスタイルに合わせてSPFやPA+を選択すること、そして「その日の肌の状態」に合わせてUVケア商品を選ぶことが大切です。

 

肌に優しいUVケア製品をお求めなら

 

お疲れがちな肌では、「日焼け止め」の刺激によって肌荒れをおこしがちですので要注意です。

 

長袖の着用や日傘の使用も

 

素肌を露出させないように日中は長袖を着用する、日差しが気になるときは、日傘を差すことで、より厳重にUV対策ができます。

※意外と忘れがちなのが「目」へのダメージです。紫外線で傷つくことで、視力などが低下し、目をすぼめる機会が増えれば、その分「シワ」などの原因になります。

 

室内は常に乾燥状態!本気で取り組む50歳からの『乾燥対策』

 

 

肌老化を招くもう一つの大きな原因が「皮膚の乾燥」です。肌細胞は年齢を重ねることで、コラーゲンやヒアルロン酸などが減少し、肌は水分を保てない状態になっています。

今まで同様の保湿ケアでは不十分な場合があります。保湿ケアを行うにあたり、今までお使いのものより、さらに保湿性の高い化粧水や美容液を選んだり、追加でクリームや乳液による保湿ケアを見直すことが大切です。

日中、乾燥が気になる場合は、化粧の上からでも化粧水スプレーをふきかけることで、肌に水分を与えたり、乾燥する環境であれば加湿器などで空間中の湿度を調整することも◎です。

 

おススメ!スプレータイプの化粧水

 

今までの「肌のお悩み」に合わせたケアも忘れずに行いたい。

今ある肌の悩みに合わせたケアも大切です。シミやくすみは、美白化粧品やビタミンCを配合した美容液などでケアをしたり、たるみが気になる方は、より引き締め効果が期待できるスキンケア材などもおススメです。

化粧ノリが悪い場合は、油分が少し強いブースター美容液・オイルなどを化粧水の前に使うことで、改善されることがあります。

 

濃厚アスタキサンチン配合エイジングケア美容乳液

 

毛穴につまった汚れ・古い角質を洗い流す

洗顔もとても大切です。50代からは特に「皮脂・角質と一緒に日々のダメージも洗い流す」そんな石鹸がおすすめです。

エイジングケア成分の代表格「アスタキサンチン」配合ならば、肌に悪影響を与える活性酸素の中でも特に影響の大きい「一重項酸素」を除去します。

 

この品質でこの価格!おススメ美容石鹸

 

これら一つひとつの工程で手を抜いてしまうと、逆に肌に負担になってしまう可能性もあるので、ご自身の肌質や状態と向き合いながら丁寧にケアするように心がけましょう。 

 

内面からのスキンケア「インナー美容」のススメ

 

「揺らぎ期」などといった「更年期」によるホルモン低下や腸内環境の乱れに対して、合わせてフォローすることで、スキンケアだけではなく、体調管理も併せて行うことも大切です。まず手軽に始められる「腸内環境の改善」はとてもおススメです。

不足しがちな食物繊維を始め、年齢により低下する善玉菌(ビフィズス菌)に代わって、乳酸菌などを摂取することで、腸内環境は大きく変化します。

40代からの腸内環境はビフィズス菌が減少して、乳酸菌が増える傾向にあるので、この時期に乳酸菌を摂取することは◎です。

ホルモンが働きかける交感神経と副交感神経の影響が特に出やすい「腸」。腸内環境を整えるということは、「腸から神経系へのアプローチすることで、その症状を和らげよう」ということにつながります。

 

腸内環境を整えながら身体・肌のエイジングケアするサプリメント

 

50代からは「生活習慣」の見直しも大切です。

 

50代のスキンケア・基礎化粧品ということでお伝えしましたが、やはりスキンケア以外に、上記のインナー美容や、それにともなう「生活習慣」も肌に大きな影響を受けます。

栄養バランスがとれた食事、質のよい睡眠、適度な運動、ストレスケアなど、生活習慣の改善も美肌作りには欠かせないとても大切な要素です。

毎日の生活スタイルを見直し、スキンケアも丁寧に行っていく、トータルなケアで美肌作りならびに美肌キープして、充実した毎日をお過ごしください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう